ステンレス製クーラーボックスがおしゃれ!人気のポイント口コミ比較!

数あるクーラーボックスの中でも、カッコイイと評判の
クーラーボックスが、「ステンレス製クーラーボックス

特に有名なのが、コールマンの「クーラーボックス 54QTスチールベルトクーラー
とイグルー「ステンレスクーラー 51L 」です。

耐久性が、優れているステンレス製クーラーボックスは、一生モノ。
どちらを買ったらいいのか迷ってしまいますね。

今回は、この2つのステンレス製クーラーボックスのスペック・保冷力・価格を
徹底比較してみました。
ぜひ、参考になさってください。

コールマン・イグルー「ステンレス製クーラーボックス」比較♪

■コールマン 「54QTスチールベルトクーラー」

アウトドアで知名度No.1のコールマン!クーラーボックスでも人気ですが
その中でも、オシャレでかっこいいのが、スチールベルトクーラー!

ステンレスのクーラーボックスと言えば、スチールベルトクーラーと
言われるほど有名ですね。

人気の秘密は、そのデザイン性の高さの他にも保冷力があります。
火事が起きた時に、スチールベルトの中に入っていた氷漬けのエビが
新鮮なままだったという逸話があるほどです。

なんといってもコールマンのクーラーボックスですからファンも多いアイテムです。

こちらの口コミは・・・

・どこのお店にもなく大変助かりました、すぐに到着しました。

・かっこいい!!!見た目容量文句なしです!これから実際に使って試してみます!!

・オシャレなクーラーボックスです。耐久性もありそうです。

・カッコイイです!ネットで色々見て、冷えをとるか見ためをとるか大いに悩みこのクーラーに決めました。

・大きいので保冷剤も氷もたくさん入るので冷え方にも問題なく、やっぱりこの見ために惚れ惚れ。

・ずっと前から欲しかったけど手が出なかった物です。

■イグルー「ステンレスクーラー 51L 」

コールマンのスチールベルトと並んで、人気が出ているのが、イグルーのステンレスクーラー。
アメリカが誇るクーラーブランドです。

黄色いジャグでご存知の方も多いのではないのでしょうか?

保冷力は、イグルー独自の高密度ウレタンフォームを使用しており、
クーラーの世界シェアトップクラス!その信頼のおけるブランドです。

イグルーは、アメリカ本土では、大人気の有名ブランドなんですよ♪

こちらの口コミは・・・

・デカイのが欲しかったんですが、現物は本当にデカイです!助手には乗せれないくらいです。が、このデカさがカッコいいし、結局使い勝手良いですね。見た目もグッドです!

・ステンレスが欲しくてこちらを見つけました!おしゃれだし、よく冷えます!開けやすいし、いい買い物をしたと大満足のクーラーボックスでした!

・価格が安いので氷の溶けるのが早いか心配でしたが1日なら大丈夫でした。ステンレス傷が付きにくいので気に入ってます。

・コールマンのスチールベルトクーラーと悩みましたが、値段の安い、こちらを購入。ステンレスが主張しすぎず空間にも馴染んで使いやすいです。夏のキャンプ時、翌日まで氷が溶けませんでした。

・生ものと飲料がたくさん入りました。板氷でビールがキンキンに冷えてました。出発AM8:00→飲酒開始PM7:00

・先日キャンプで使用いたしました。ビール350ml2ケースと板氷1.7kg2つが余裕で入りました。大人数のキャンプにはもってこいですね。

気になる大きさは、どうなの?

【コールマン】●重量:約7.5kg ●サイズ:約60×42×41cm ●容量:51L
【イグルー】 ●重量:約7.25kg ●サイズ:約62×40×42cm ●容量:51L

どちらも、51Lなので、容量は同じでした。また、重量は0.25kgしか変わりません。
スチール製の為、どちらも食材を入れるとかなりの重さになるので、持ち運びに注意が必要です。

高さもあるので2Lのペットボトルも立てていれることができます。
350ml缶なら、なんとっ!83缶も入る大容量で、家族4人で1泊2日の
キャンプに行くには最適です!

大事な保冷力は、どうなの?

コールマン スチールベルト

・1泊であれば凍らせた飲み物をそのまま入れっぱなしにしておくと、1晩たっても全て溶けずに一部凍ったままです。 ・肝心の保冷効果ですが、ロゴスの氷点下パック1つと2Lのペットボトルを凍らせたものを入れた状態で7月半ばに2泊しても氷が残っていましたので、満足しています。 ・スチールベルトは、厚さ3cmの発泡ウレタンが蓋とボディに入っているので、外気の影響を受けにくく安心の保冷力です。 ・保冷力は1泊のキャンプであれば、全く問題ありません。

イグルー ステンレスクーラー

・真夏の暑い時期のキャンプでも二泊三日、食材問題なしでした。ビールも冷えた状態をキープ。蓋の開き部分が壊れやすそうに感じて少し不安あり。 ・冷却性能についてはロゴスの氷点下-16度3つ使用で、帰り際までしっかりと安定して冷えていました。 ・保冷剤もしっかりと溶けずに残っていましたが、真夏の使用となると開け口が普通のクーラーに比べると密閉性が少しだけ緩いため内張りにアルミテープを貼るなどの工夫をした方が保冷剤も持ちがいいと思います。 ・ライザーテクノロジーにより地熱の影響を最小限におさえる冷却性能が搭載されています。本体と蓋に断熱材超高密度ウレタンフォームにより保冷力も◎。

夏のキャンプと冬のキャンプでは、当然保冷力は、違いますが、通常であれば、
保冷力については両者とも、1泊2日は問題なさそうですね!

2泊3日の場合は、しっかり保冷剤を入れて対策すれば、問題ないでしょう!

あなたのお好みはどちら?

どちらも人気のステンレス製クーラーボックスですが、値段には
違いがあるようですね。

コールマンのスチールベルトは公式オンラインショップで¥33,480(税込)。
イグルーのステンレスクーラーは通販サイトで\24,990(税込)~でした。

楽天で買うとかなりお得なのが、分かりますよね。

その他、スチールベルトクーラーは、ステッカーなどを張って
オリジナル性を出して楽しむ人も多いようです。

どちらも人気のステンレス製クーラーボックスなので、最後は、
スペック、価格、カラーなので決めるしかありませんね。

好みばかりは人それぞれですので・・・

因みに、コールマンのスチールベルトクーラーは、9種類
カラーから選べるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする